最近では誰もが「仮想通貨」や、「ビットコイン」という言葉自体は知ってると思います。

 

でもその仕組みを知ろうとすると、

よく分からない単語や用語が多くてよく分かんないという方も多いのではないでしょうか。

 

しかもその基礎とも言える、

ブロックチェーンのことすらよく知らないという話を聞きます。

 

やはり、「仮想通貨=短期的なお金稼ぎ」としか見てない人が多いからでしょう。

 

短期的なものであれば企業や国が動く訳がありません。

 

最近では大手企業や一部の国では決済方法にビットコイン決済を導入してるのは知ってますよね。

 

これは単純に必要だからそのような行動をしてるのです。

まだまだこれから先必要な仕組みになっていくのは確実でしょう。

 

そこでそのプラットフォームとも言うべきブロックチェーンのことは最低限知っておいてください。

 

これを知らなくては仮想通貨の本当のすごさは理解できないですから。

 

↓↓おすすめ取引所はコチラ↓↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

1、ブロックチェーンとは?

 

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。

ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。

ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。

各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。

理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。

ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。

フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。

Wikipediaから引用

 

ブロックチェーンとは、「分散型台帳」と呼ばれており、

簡単に説明すると、「個々の取引データを分散して管理」という意味です。

 

ではこのことを説明するには「分散型」と「台帳」を分けて覚えてもらう必要があります。

 

別々にそれぞれの特徴を見ていただきましょう。

 

 

〜「分散型」の意味とは?〜

 

取引データを分散して管理してある状態のことを言います。

 

限られた場所だけでデータ管理するのではなく、

参加者全員でデータをシェアし合いながら管理するというものです。

 

だいたいどこの企業でもシステムを管理する場合、

データを集める中核があって、そこを管理する人が存在します。

 

広がったデータを一つに集めて管理するということ。

 

それが既存の仕組みです。

でもデメリットも存在しました。

 

その中核に異常や問題が起きると、

最悪の場合全てのデータも消えてしまい、

復旧に大変な困難と時間を要することになるのです。

 

要は、その中核がダメになれば全てダメになるというもの。

 

これが既存のシステムにとって大きなデメリットだったのです。

 

でもブロックチェーンとは、

その中核のデータを一カ所だけでなく、同じデータを分散して皆で管理している状態です。

 

なのでもし一人の管理者の中核に異常が起きても、

他の参加者に同じデータを共有してある為、すぐに復旧でき、同じデータとしてすぐに始め直すことが可能に。

 

そしてその異常があったという情報も参加者全員が共有して知ることができるのです。

 

なのである意味何が起きても問題は少なくて済むということ。

 

一つで全てを管理してる訳ではないから、

システムそのものが全て停止するということがあり得ないのです。

 

より安全性も高くなるということをご理解頂けたでしょうか。

 

では次は「台帳」についてです。

 

 

〜「台帳」の意味とは?〜

 

「台帳」とは、取引データを記入したもののこと。

 

銀行の通帳で考えてもらえると分かりやすいかもしれません。

 

過去に行った取引や履歴を通帳に記録しますよね。

 

銀行の通帳=台帳(ブロック)なのです。

 

そして、その通帳の情報が個々の通帳にデータ上でチェーンのように繋がっていて、

その取引履歴を皆とシェアできるようになっています。

 

それが全世界にまで広がり、同じ通帳をそれぞれが所有してる事で、

不正や改ざんも全て情報が筒抜けになり、簡単にバレてしまうということ。

 

全世界どこで使えるような通貨にする為には、

世界中に同じデータを共有する必要がありますよね。

 

それが、「ビットコイン」なのです。

 

ブロックの中に集まったデータをチェーンのように繋げて、

情報共有できるようにしたもののことを、

「ブロックチェーン」と言います。

 

 

2、完璧と言われるブロックチェーンの弱点とは?

 

不正や改ざんなどができない安全なシステムと言われるブロックチェーンですが、

もちろんその中にも弱点は存在します。

 

それは大きなメリットでもある、

『みんなで管理すること』によってどうしても時間がかかってしまうこと。

 

現在の銀行のような仕組みは、『中央集権的』な仕組みと言われています。

それに対してブロックチェーンは、『非中央集権的』になります。

 

これらは、”一つで事を決めるのか”

それとも”みんなの意見で決めるのか”の違いです。

 

例えば何か取引をする時に、

既存の銀行の仕組みでは、『銀行』というサーバーを通さないといけません。

 

そこに情報やデータを集める事で全ての判断や管理を行うという形になっています。

 

でもブロックチェーンの場合は、

一つの取引に関して横で繋がった情報を皆で話し合いながら決めるような形。

 

サーバーがいくつにも分かれているので、

勝手に一人の判断で決めることができないようになっています。

 

全て皆で共有したうえでないと、その取引はできません。

 

要は、正常な取引を行わないとその取引自体ほぼ不可能になります。

 

それは逆を言えば悪いことをして取引やお金儲けしようとしてる人は存在しなくなりますよね。

なぜなら不正などが全て情報として共有される訳ですから。

 

でも世の中を良くしていく為にはこの仕組みは仕方のないことかもしれません。

 

これは人によっては、メリットにもデメリットにもなることだと思います。

 

 

まとめ

 

 

では、最後にブロックチェーンのことをまとめます。

・取引履歴や記録をするもの

・暗号化によりデータ管理され、世界中の人と情報共有してる為不正ができない

・皆で情報を共有する分時間がかかる

 

実は、この仕組みは仮想通貨にだけ使えるシステムではありません。

 

応用すれば不動産やビジネスなど全ての情報記録の場としても活用することは可能なのです。

 

そうすることで、不正をして儲けるといった自分よがりな考え方が通用しなくなる。

 

この仕組みが世に広まることでデメリットがあるのは、

悪い事を考える人達だけの話です。

 

真っ当に世の中の為や素直に頑張ってる人にとっては、むしろメリットしかないと思います。

 

ブロックチェーンとは、別に難しい話ではなくて、

ただ単に情報を集めたものが一つで管理されているのではなく、

チェーンで繋がった横の繫がりによって管理されているもの。

 

そしてこの仕組みが世の中を良くしていくものとしても覚えておいてください。

 

では今回はこの辺で。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>究極のWPテーマ【The Thor】

究極のWPテーマ【The Thor】

当ブログでも愛用中のテーマ【The Thor/ザ・トール】は、ブログ制作に慣れていない初心者の方にもカスタマイズしやすく、抜群の機能性と美しいデザイン性を兼ね備え、SEO対策を究極まで高めた2019年大注目のWordPressテーマです。

CTR IMG