ある程度仮想通貨の基礎から学んできたら、

さっそく次は「コインを買う」ことになると思います。

 

でもまたある問題が出てきますよね。

 

それは、「どこで買ったらいいのか?」

 

結果的に言えばどこで買ってもコイン自体は購入できるのですが、

知らないと損してしまうことが一つだけあるのです。

 

それは、『仮想通貨取引所』で買うのか?

 

それとも、『仮想通貨販売所』で買うのか?

 

すごく似てるようで実は大きく違う両者ですが、

どのコインを購入にしろ、必ずこの取引所や販売所を通してからコインを購入することにはなります。

 

では、その2つの「取引所」と「販売所」は何が違うのか?

 

今回のテーマは、仮想通貨を購入する前に、

知っておくべき両方のメリットデメリットをお話できればと思います。

 

 

[その1] 購入する際の取引相手が全く違う

 

まず知っておいてほしいことに、

取引所と販売所は、それぞれ『売買する取引相手が全く違う』ということです。

 

ここで簡単にそれぞれの違いをまとめると、

 

1、安く買いたいなら『取引所』

2、すぐにコインを所有したいなら『販売所』

 

実は、同じようにコインを取得することには変わらない両者ですが、

それぞれには特徴があります。

 

取引所・・・他のユーザーから購入する

販売所・・・コインチェックなどの販売元から直接購入

 

全く違うところから購入することになるのは理解できますよね。

 

ではその違いを詳しく見ていきましょう。

 

〜販売所とは?〜

 

販売所とは、

仮想通貨を取り扱っているところ(コインチェック・ビットフライヤー等)から直接購入する形。

 

ユーザー

↓↓↓

このような形でシンプルにユーザー対取り扱い企業での取引になります。

 

しかも、購入する場所が違うのですぐ分かります。

 

 

上の写真はコインチェック内での扱い場所の違いです。

 

すごく分かりやすいからすぐ分かると思います。

 

 

〜取引所とは?〜

 

取引所とは、販売元から購入するのではなく、

株取引などの売買で使われる『板』を利用してユーザーから買う場所です。

 

 

こういうやつ見たことありますよね。

 

株やFXなどと一緒で、

この数字は買いが多いか売りが多いかを表していて、常に激しく変動しています。

 

上に記載してある赤い方が売りたい人の金額と数量を表していて、

下に記載してある青い方は買いたい人の金額と数量です。

 

単純に見方としては、

右側の数字(0.0100とか0.0300)が大きい方で判断します。

 

真ん中の緑色で書いてある数字を基準として、

上の数字が大きければ売りたい人が多い。

 

下の数字が大きければ買いたい人が多いということ。

 

このようにユーザーの同行を見れば、

100%ではないですが、今後のチャートの動きや方向性を見抜くことは可能です。

 

でもだからと言って必ずそのような値動きをする訳ではないことは覚えておいてください。

 

このようにユーザーの動向や数字の変動から読み取って、

そのユーザー同士で取引できるのが取引所によるメリットとも言えると思います。

 

ではここで「販売所」と「取引所」の違いをまとめます。

 

・販売所とは、価格関係なく買いたい時にすぐ買える場所

・取引所とは、指値注文などでユーザーの動向や価格を見ながら判断できる場所

 

 

 

[その2] スプレッド(手数料)に気をつけろ!

 

〜スプレッドとは?〜

売買をする際に生じる価格差のこと

 

例えば、買値が1BTC=100円だとします。

 

そしてその時の売値が、1BTC=80円とします。

 

この買値と売値の価格差は1008020円ですよね。

このことをスプレッドと言うのです。

 

要は、このスプレッドによって取引所は利益を上げていくことができます。

 

これは株やFXなどにも当たり前のようにあることで、

企業側も経営してる訳ですから利益を上げる必要がありますよね。

 

スプレッドとは企業の取り分だと思ってください。

 

そして相場は常に変動しますから、

1BTCの時に100円で買ってもすぐに売却してしまうと1BTC=80円ですから、

利益はマイナスですよね。

 

その後1BTCが120円に上昇したとします。

 

となると、利益が出たと思いがちですが、スプレッドがある為に、

スプレッド分マイナス20円を引く必要があるので、利益は100円になり、

結果としてはプラスマイナスゼロということになります。

 

これがスプレッドと言われるものによる影響です。

 

取引所によっては、

取引手数料を引かれる企業もあるみたいですが、

コインチェックなどの一部では手数料分は引かれません。

 

なので手数料分を引かれて損するというより、

スプレッドによるマイナス分が以外と大きいことを知っておく必要があります。

 

これは、「販売所」「取引所」の違いにも大きく関係してくるのです。

 

一般的に、対企業による取引においてのスプレッドの幅は、広いと言われています。

 

それはなぜかと言うと、

例えば、政治家や要人発言の発表によって相場は大きく変動しますよね。

 

株やFXの世界でもよくあることで、

経済的なことや国の重要な発表、

大企業の倒産などが起きると一時的に大きく暴落したりします。

 

そのような一時的な急激な変動が起きた際に、

意図的にスプレッドの幅を広げることで、

ユーザーの売買によるリスクを減らすようにしています。

 

これはユーザーを保護する目的でもありますが、

逆を言えば企業は大きく儲ける時でもあるのです。

 

その幅を大きくすることで、ユーザーの利益や損失は少なくなり、

企業側にはその手数料分が大きく入る。

 

それが企業の利益にも繋がっていくという形です。

 

なので、仮想通貨の世界でも同じことが言え、

企業側も利益を上げる必要があることから、スプレッドの幅をある程度作るのは仕方のないことなのです。

 

では「取引所」はと言うと、

ユーザー同士による取引になるので、

できるだけスプレッドの幅を狭めた状態で取引が可能になるのです。

 

ユーザー同士なら、お互い納得した言い値で売買ができますよね。

 

それでユーザーが得しようが損しようが企業にはあまり関係がないからです。

 

ではここでまとめます。

 

手数料による微差を気にするよりも、スプレッドによる影響の方が大きい。

「販売所」で買うよりも、

「取引所」で買った方がスプレッドが狭い分だけ安く買うことができる。

 

 

まとめ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

結果的に見れば、

コインを所有することだけならどちらでも買うことは可能です。

 

でもそこには、意外な落とし穴があることはご理解頂けたでしょうか。

 

少しのスプレッドとは言え、

金額が大きければ大きい程、その差も大きくなる為、

損する分も多くなってしまいます。

 

正直取引手数料に関しては、

一部では取られる企業もありますが、

しっかり取引所自体を選んで頂ければ手数料無料のところや、

手数料がむしろマイナスの取引所だって存在します。

 

なので最低限の知識として、

仮想通貨を購入するなら、『取引所』で購入すること。

 

でも一刻も早く必要な場合や早く買いたい方は、

『販売所』を選ぶようにしてください。

 

どちらもメリット・デメリットがあるので、

そのときの状況や人によって判断も変わるということでした。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>究極のWPテーマ【The Thor】

究極のWPテーマ【The Thor】

当ブログでも愛用中のテーマ【The Thor/ザ・トール】は、ブログ制作に慣れていない初心者の方にもカスタマイズしやすく、抜群の機能性と美しいデザイン性を兼ね備え、SEO対策を究極まで高めた2019年大注目のWordPressテーマです。

CTR IMG