「いいね!」で報酬がもらえる!?次世代のSNSの形を作る通貨『Friendz』とは?

今回の記事は、僕が注目してる通貨の紹介になります。

 

その中でもすごく画期的でユーザーにとって面白みもある通貨、

『Friendz』についてです。

 

Friendz(フレンズ・FDZ)は、

オンラインマーケティングにブロックチェーンを活用し、

画像投稿SNSを効率的に活かした革新的なサービス。

 

・通貨単位:FZD

・本社:スイス

・規格:ERC20

・設立:2015年

・公式HP:Friendz(フレンズ)公式HP

 

Friendz(フレンズ・FDZ)のプラットフォームを使うことで、

超有名企業のブランドと個人を結び付け、個人がSNSでブランド企業を宣伝することにより、

企業から報酬を得られるという、これまでにない新しい仕組みになっています。

 

今までは、ただ写真を投稿して「いいね!」をもらうだけでしたが、

その「いいね!」によって報酬をもらえるのです。

 

そこで今回は、Friendz(フレンズ・FDZ)の特徴や将来性などをご紹介します。

 

・Friendz(FDZ)ICOの購入期間・・・3月1日 ~3月21日

・Friendz(FDZ)は、2018年4月1日に上場予定

 

 

 

特徴① Friendz(FDZ)ってどんなコイン?

 

Friendz(フレンズ・FDZ)とは、ヨーロッパで人気のある画像投稿SNSで、

既に約20万人のユーザーがいます。

 

仕組みだけで見れば他のSNSと一緒ですが、仕組みが全く違います。

 

例えばFacebookやインスタグラムでは、

自分の好きな写真を好きなようにアップするだけのいわば自己満足の世界。

 

自分をアピールする場として、SNSをうまく活用して自己アピールしますよね。

 

でも、Friendzはひと味違います。

 

写真を投稿し、自分の友達に写真でアピールするという仕組みは同じですが、

そこに報酬が発生するのです。

 

自分の撮った写真に「いいね!」してもらったらお金が入るのです。

 

もちろん、自分の好き勝手な写真を撮れば報酬を貰えるわけではありません。

 

あなた自身の写真が企業の広告塔になることで報酬を得るのです。

 

ブランド企業の広告塔になることで、写真をSNSに投稿し、

あなたの友達にブランドを宣伝する効果がありますよね。

 

そこにブランド企業は、効率的に自社ブランドを宣伝し、

ユーザーは写真をSNSに投稿することで報酬を得ます。

 

これが意味するのは、全く知らない他人がすすめる商品ではなく、

『身近な人のオススメ』であるということ。

 

要するに、信用できる人からの『口コミ』として、情報が伝わるわけです。

 

このようにFriendz(フレンズ・FDZ)は、ブロックチェーンをうまく活用することで、

効率良くユーザーに情報を拡散できるという新しいビジネスの形を作ろうとしているのです。

 

 

特徴② 優秀なアドバイザーや大手企業との提携

 

もうすでにヨーロッパでは実績を上げているのですが、もちろんこれで終わりではなく、

これから更に、世界に進出していく予定です。

 

現在はヨーロッパの一部でのサービスですが、

今後は、アメリカ→オーストラリア→アジアと、世界中へのビジネス拡大のためにICOを行います。

 

なぜそこまで拡大していけるかというと、

バックに大手企業(大手ブランド企業)が提携先として関わっているプロジェクトだからです。

 

 

上図を見て頂ければ分かると思いますが、

誰もが知ってるような超大手企業が提携していますよね。

 

・SONY

・Jeep

・Uber

・Disney

・TOYOTA etc…

 

誰もが見たことも聞いたこともあるような企業ばっかりで、

このプロジェクトがいかに注目されているかが分かるでしょう。

 

SNSを通して個人個人が企業の宣伝をしてくれれば、

よりシンプルな方法で低コストで、しかも企業だけでなく、

そのユーザーにもメリットがあるという仕組みを作り出しているのです。

 

これだけでも信頼性が高いと言えますよね。

 

そして次に注目すべき点は、実績のあるアドバイザーがいるということ。

 

 

・PAOLO・REBUFFO 氏は、

「NOKU」「Eidoo」「Monethe」「Gnosis Limited」などのICOを成功させた実績がある

 

・David Drake 氏は、

Genie ICO」「WePower」「The NAGA ICO」などを成功させた、金融アドバイザーのプロ

 

・Simon Cocking氏は、

「Medical Chain」を成功させた実力者

 

非常に実績のある方達で構成され、

それだけ優秀な人材がアドバイザーについてるということは、

信頼性も将来性も高いと言えますよね。

 

優秀な人材や大手企業が提携されてるようなコインは他にはなかなか無いので、

今後世界中で拡散され利用者が増えていけば、

Friendzの価値も着実に認められていくのではないでしょうか。

 

 

Friendzのロードマップ

 

*2018年4月1日に取引所(The Rock Trading)に上場予定

  • 2018Q1:上場
  • 2018Q2:中央ヨーロッパへ展開
  • 2018Q3:非中央集権化プラットフォーム
  • 2018Q4:BtoB企業へのサービス拡大
  • 2019Q1:北欧へ展開

  • 2019Q2:企業への支払いシステム導入
  • 2019Q3:ウォレット
  • 2019Q4:東ヨーロッパへ展開
  • 2020Q1:北米へ展開
  • 2020Q2:南米へ展開
  • 2020Q3:アジアとオーストラリアへ展開

 

 

海外ICObenchで高評価を獲得

 

 

海外のICO評価サイトでは既に高得点を獲得していて、5.0満点中の4.6点。

 

この数字だけ獲得するのには色々な基準が設定されているので、

そこをクリアしたという段階で、

どれだけ世界で注目されているプロジェクトであるかを理解できますよね。

 

 

まとめ

 

 

〜メリット〜

・SNS投稿でFDZで報酬がもらえる

・企業とユーザーがともにメリットがある仕組み

・大手有名ブランドが提携

・優秀な人材によって開発が勧められている

・Friendz(フレンズ)は、ICO評価サイトにおける評価も高い

・すでにサービスを行い、成功させている

・実用性が高く、価格が上昇しやすい

 

〜デメリット〜

・2020年までプロジェクトを着実に進めることができるかどうか

・大手提携先が途中で提携を止める可能性はないか

 

正直ここまで実用性の高いコインは他にはないと思います。

 

ただし、今後確実に日本で広めることができるのか?という点と。

 

2020年までのけっこう大きな長期でのプロジェクトなので、

着実に継続していけるのか?という疑問は確かにあります。

 

でも僕はデメリットよりもメリットの方が大きいと思うので、

今後の展開に期待も込めてもう既に買いました。

 

そろそろ世間もSNSに飽きてきた頃でしょうし、

何か画期的なシステムがないかと探していた時に、Friendzに出会ったので思わず即買い。

 

誰もがワクワクするような面白いシステムだと思うので、

リアルに世界中に拡散するかもしれませんね。

 

ぜひ興味のある方は買ってみてはいかがでしょうか。

 

*Friendz(FDZ)ICO購入期間は、2018年3月21日までなのでお急ぎください!!

 

↓↓興味のある方はコチラから登録できます↓↓

Friendz次世代のSNSによる報酬の形

 

 

※今後間違いなく伸びる「Ripple」を購入するなら国内No1のセキュリティ&取引手数料無料のbitbank

bitbank

 
 

取引高&取り扱い通貨世界一の【Binance/バイナンス】



2017年7月に設立したにも関わらず、仮想通貨取引量トップ5にまで上り詰めた実力派。国内取引所とは比べ物にならない程の種類の通貨に対応していて、世界中から集めた選りすぐりの有名コインを取り扱っています。2段階認証も採用し、世界トップレベルのセキュリティ完備によって安全面も保証されていながら、取引手数料は超低価格を実現。世界中にユーザーを持つ有名取引所の一つです。
メールアドレスだけで簡単会員登録できます♪
 

仮想通貨の銀行を目指す『バンクエラ』



近い将来様々なものの管理システムになると言われるブロックチェーン技術を用いた、次世代の銀行を目指している通貨。最先端の技術により低コストながらも、現在の銀行の業務をそのまま引き継ぎ、新しい銀行としてこれから革命を起こしていくと言われている期待の星。有名なNEM財団代表ロン・ウォン氏をアドバイザーに率いれ、長い目で見て大注目の通貨の一つです。
この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

ブログ制作に慣れていない初心者の方にも優しい構成で、抜群の機能性と美しいデザイン性を兼ね備えた、2018-2019年大注目のWordPressテーマ「THE THOR」

CTR IMG