最近では、仮想通貨業界でも色々な出来事があり、

良い面と悪い面がより明確化されてきて、改善しようとする良い流れになってきましたね。

 

詐欺的な案件や管理体制がなされていない業者に対しても、

やっと規制をするようになり、個人的にはやっと動いたかという感じです。

 

これからの仮想通貨業界全体が大きく進展していくのを楽しみにしたいですね。

 

今回のテーマは最近一部では話題になってきた、

DEX(分散型取引所)についてお話できればと思います。

 

一つだけ言えるのは、DEX(分散型取引所)は、これから間違いなく伸びる業界で、

必ず需要が出てきて、一般的に浸透していくことでしょう。

 

なので、今のうちからそのメリットや特徴を知っておく必要があると思います。

 

 

DEX(分散型取引所)って何?

 

分散型取引所(DEX)とは、「Decentralized EXchange」の略で、

中央管理者を介さず、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことを言います。

 

次世代型の取引所とも言われ、その特徴を知るには、

現在主流になっている中央集権型の取引所の仕組みを知る必要があります。

 

日本の主流な取引所と言えば、「Coincheck」・「Zaif」・「Bitflyer」などでしょうか。

 

これらは主に中央集権型取引所と言われ、

取引所を運営するうえで、

その中心には管理する者達がいて、その彼らによってデータ管理を行っています。

 

多くのユーザーは、取引所に連携しているウォレットなどを利用するため、

その取引所に、秘密鍵や個人の仮想通貨の資産を預けている形になっているのです。

 

しかし、先日のコインチェック流出事件やMtGox事件などに見られるように、

中央集権型取引所は中枢で全ての個人情報やデータを管理されているため、

内部不正や外部からのハッキングなどを受けた場合に、被害が大きくなる傾向があります。

 

もう取引所が安全だとは言えなくなってきましたよね。

 

安全性の高さが評価されているブロックチェーン技術を利用した仮想通貨でも、

100%の安全性はないということを知っておく必要があるのです。

 

ある程度信頼度も得ていたコインチェックですら、

ハッキングされ、あれだけの大事件にまで発展してるので、

やはり中央集権型の取引所に全て任せるのは、

危険だということを再確認できたのでないでしょうか。

 

そんな中、最近になって注目され始めた次世代の新しい取引所の形。

 

それが、DEX(分散型取引所)と言われるもの。

 

分散型取引所を簡単に説明すると、

資産の管理や取引を全てブロックチェーン上で行い、

秘密鍵は個人で完全に管理し、実際に取引する際にしか秘密鍵を使わないため、

資産は常に個人の管理下にある状態。

 

誰かの手によって管理される仕組みではなく、

個人による管理方法で、

他へのデータ流出を最大限に抑えることができるという画期的なシステムなのです。

 

安全面に関しても非常に評価が高く、

次世代型の取引所になるとして将来が期待されている取引所となります。

 

 

DEX(分散型取引所)を使うメリット

 

① 不要な手数料がかからない

 

従来の取引所の形では、ハッキングに対する対策に多くの優秀な人材や、

高度なプログラムが必要であり、そのシステムを維持するのに莫大な費用がかかっていました。

 

なので取引所自体を管理する為にはそれなりのお金が必要であって、

そのお金の発生源は取引所を利用するユーザーから手数料等で徴収する仕組みになっています。

 

しかし、分散型取引所の仕組みは従来型とは大きく違います。

 

全て個人での管理の為、システムを維持する為の費用を大きくカットすることができ、

かかる経費を大幅に削減することが可能なのです。

 

それによってユーザーから無駄な手数料を徴収する必要がなくなります。

 

これはユーザーにとっては大きなメリットと言えます。

 

無駄な手数料は抑えられ、安価で取引ができることは、

ユーザーからの信頼を得やすい取引所として確立していくのではないでしょうか。

 

 

② 本人確認が必要なし

 

中央管理する者自体が存在しないため、本人確認する必要がありません。

 

そのため即日取引することが可能になります。

 

また従来の個人情報を中央管理者に送ることによって懸念されることの一つに、

もしハッキングされたりしたら、資産だけでなく、

個人情報すらも抜き取られる可能性があるのではないかと言われています。

 

コインなどの資産だけでなく、

個人情報やパスワードなどまで盗まれたら、もうどうしようもありません。

 

業者に個人情報を送る必要がないということだけでも、

ユーザーにとっての安心材料になるのではないかと思います。

 

 

③ 安全性の高い管理体制

 

MtGox事件を思い返すと、人々から資産を預かっていたものを、

内部の人間により資産を盗まれたという事件でしたね。

 

そのような場合だと対応も難しく、結果的にユーザーからのその企業への信頼度は無くなり、

ユーザーも離れてしまうことになります。

 

そのようなことがあれば、国や政府としても規制を検討するしかありません。

 

このようなことが起きるから、

仮想通貨業界全体への不安視や危険性が目立ってしまい、

信頼性の高い通貨として市場に浸透していきにくい状態が続いています。

 

しかし、分散型取引所では全て個人での管理で構成されている為、

個人の資産が他者の悪意によって失われるということはほぼ不可能です。

 

まずその個人のデータを取得すること自体が難しいので、

従来の形よりも安全性は格段に高くなると言えます。

 

より安心して取引ができるのは、ユーザーにとっての一番の魅力になるはずなので、

必然的にこういった企業を応援したくなるのは必然です。

 

 

④ 24時間365日取引可能

 

中央管理者自体がいないため、

仮想通貨の取引、入金出金も含め、24時間365日取引可能になります。

 

中央集権型取引所では、

取引はできても、入金出金は土日は不可のところも多くあり、

24時間入金出金まで行えるところはほとんどありませんでした。

 

なのでユーザーからすれば、

土日など24時間取引できるのは、評価が高いと思います。

 

取引したい時にいつでもできるというのは、

土日休みの方にとってや、時間の都合がなかなか難しい方にとっても、

非常にありがたいことですよね。

 

 

DEX(分散型取引所)のデメリット

 

① サポートが充実していない

 

分散型取引所は基本的に個人個人での管理体制になるため、

管理者によるサポートはほとんどないものと思った方がいいです。

 

例えば、何かしらのミスがあっても気づかず取引をしてしまい、

送金や取引したのに反映されていない場合などがあっても、

それを保証してくれる人は誰もいません。

 

また誤って秘密鍵を誰かが入手してしまい、悪用されてしまったとしても、

誰かがサポートしてくれるということもほぼないと思います。

 

ただ今後は、その辺のサポート面も改良されていくとは思いますが、

仕組み上、対応までに時間がかかったりなどは懸念される点になるでしょう。

 

自分の資産を自分で守るということに自身がなければ、おすすめは難しいかもしれません。

 

でも資産管理をするうえでは、

基本的に全て自己管理になるのは当たり前であって、

自分の身は自分で守る覚悟がなければ投資自体が難しいのではないでしょうか。

 

 

② 取引量が少なく流動性が低い

 

人気が出始めた分散型取引所とは言っても、

まだまだ最近できたばかりの取引所であるため、その認知度は低くユーザー数も少ないです。

 

そのため取引量も少なく、仮想通貨の流動性も少ないため、

なかなか自分が思うような取引板を見つけるのは難しいかもしれません。

 

しかしこの取引量が少ない問題は、市場での安全性への理解が広まり、

コチラでの取引をする人が増えるのも時間の問題だと思います。

 

分散型取引所の認知度が上がり、その有用性を多くのユーザーが気づきさえすれば、

分散型取引所がメジャーな取引所になることは必至でしょう。

 

 

③ 現段階では様々なことに手数料が発生

 

先ほども述べたように、

取引所自体の維持にほとんどお金がかからないため、ほとんど手数料は取られません。

 

ですが、取引が行われる度に、

毎回ブロックチェーンに書き込む行程があるため、入金や出金、

取引板から注文を選んで取引するには毎回手数料が少しづつかかります。

 

ただ最近になって、毎回の手数料を減らしたりICO通貨やプラットフォームも増えてきているため、

この問題もそう遠くないうちに解決できると考えてもいいかもしれません。

 

あくまで今現在での話なので、

この先の市場に浸透してる頃にはこの辺も改善されてると思っていいでしょう。

 

 

まとめ

 

現在、分散型取引所が市場に浸透してるとはまだまだ言えません。

 

ただ、現在の中央集権型取引所では、取引所による信頼性が大きく関係するのですが、

急なハッキング被害による不安要素は拭えず、

ユーザにとって心配の種を生み出すのが取引所でもありました。

 

しかし分散型取引所はその問題を解決すると言っても過言ではありません。

 

今はまだ始まったばかりでユーザー数も少なく、

それなりのデメリットもありますが、そう遠くないうちに様々な問題は解決され、

市場での需要も増えていくでしょう。

 

これから間違いなく発展していくDEX(分散型取引所)は、要注目です。

 

以下、現在注目されている取引所を紹介します。

 

おすすめ分散型取引所

 

〜EtherDelta(イーサデルタ)〜

イーサデルタは、イーサリアムブロックチェーン上に存在する分散型取引所です。

イーサリアムのペアでの取引だけでなく、トークンとトークンのペアでの取引をすることも可能。

そしてEtherDelta最大の特徴は、取り扱い通貨の種類の多さです。

300種類以上の通貨を取り扱っています。

登録も非常に簡単で、MyEtherWalletを使って資産を管理しながら取引をし、

ICO直後やまだ他の取引所に上場前の通貨も上場しているため、

将来性のある通貨に出会うには絶好の取引所となっています。

主にイーサリアムで資産運用されている方には非常にオススメの取引所となります。

 

 

〜Waves Cilent(ウェーブスクライアント)〜

いま最も勢いのある分散型取引所を利用したプラットフォームである「Waves」

Wavesは分散型取引所の機能を備えた総合プラットフォームで、

利用者はウォレットをダウンロードするだけで、簡単に取引することが可能です。

さらにこのWavesは、USドルやユーロなどの通貨との取引ができ、

今後は中国元、日本円などが追加されることも予定されており、

ユーザーにとって使いやすい取引所として今後が大変期待されています。

 

 

〜Bankor protocol〜

スマートトークンを用いて流動性の問題を解決することを目指しているプロトコル。

仮想通貨の取引の問題点として、市場参加者が少なく、

取引板が薄い場合に取引が成立しにくいという流動性の問題があります。

そこで、Bancorは独自の価格決定メカニズムと準備金制度により、

流動性の問題を排除することを目指すプロジェクトとして開発されました。

スマートトークンの価格はトークンの総発行量、準備率、準備金残高によって決定され、

二種類のトークンを50%ずつリザーブすることによって、このトークンペアの交換を行うことが可能。

最大の特徴は、イーサリアムトークン同士での取引・交換ができるということ。

 

※今後間違いなく伸びる「Ripple」を購入するなら国内No1のセキュリティ&取引手数料無料のbitbank

bitbank

 
 

取引高&取り扱い通貨世界一の【Binance/バイナンス】



2017年7月に設立したにも関わらず、仮想通貨取引量トップ5にまで上り詰めた実力派。国内取引所とは比べ物にならない程の種類の通貨に対応していて、世界中から集めた選りすぐりの有名コインを取り扱っています。2段階認証も採用し、世界トップレベルのセキュリティ完備によって安全面も保証されていながら、取引手数料は超低価格を実現。世界中にユーザーを持つ有名取引所の一つです。
メールアドレスだけで簡単会員登録できます♪
 

仮想通貨の銀行を目指す『バンクエラ』



近い将来様々なものの管理システムになると言われるブロックチェーン技術を用いた、次世代の銀行を目指している通貨。最先端の技術により低コストながらも、現在の銀行の業務をそのまま引き継ぎ、新しい銀行としてこれから革命を起こしていくと言われている期待の星。有名なNEM財団代表ロン・ウォン氏をアドバイザーに率いれ、長い目で見て大注目の通貨の一つです。
この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

ブログ制作に慣れていない初心者の方にも優しい構成で、抜群の機能性と美しいデザイン性を兼ね備えた、2018-2019年大注目のWordPressテーマ「THE THOR」

CTR IMG