もうすでに仮想通貨として浸透し始めてる通貨の一つに、「リップル」という通貨があります。

現在の三大有名仮想通貨の中の一つであり、様々な大企業や、その仕組みに魅了されて保有されてる方も多いのではないでしょうか。

 

個人的にも今年(2018年)最も注目してる通貨の一つであり、今後の将来性にとても期待しています。

では、なぜそこまで人気なのか?

なぜ注目されるのか?

 

そして、仮想通貨初心者の人ほど、リップルを保有しておいた方が良い理由について説明していきます。

 

リップル購入するなら国内No1の【bitbank】

bitbank

 

Ripple(リップル)とは?

 

 

仮想通貨リップル(Ripple・XRP)を簡単に説明すると、『送金&決済に特化した仮想通貨であり、インターネット上の資産』です。

通貨は、「XRP」という単位で表されます。

発行枚数は、1000億XRPで、プログラム上これ以上追加発行されることはありません。

 

リップルの目的としては、「価値のインターネットILP(Internet of Value)を実現すること」であり、国際送金市場のシステムをインターネットを活かすことで大きく変えること。

価値のインターネットとは、普段僕たちがメールやSNSを用いて簡単にやり取りできることを、「通貨の送金にも簡単、最速、しかも低コストで行えるようにする」という意味です。

 

こういったことを踏まえて、送金&決済に特化した通貨として誕生しました。

リップルの通貨の単位は「XRP」です。「REP」ではないので注意してください。

 

〜[リップルの中枢]インターレジャープロトコル(ILP)について〜

従来の国際送金の場合、国内の銀行から、海外への銀行に送金するのに、複数の銀行を経由する必要がありました。

しかしその送金システムには色々なデメリットがあったのです。

  • 着金されるのが遅い
  • どこの銀行まで届いているかが確認できない
  • 複数の銀行を経由するため手数料が高い

そこで、この問題を解決する為、ILPが誕生しました。

ILPにできることとして、提携している各国銀行のネットワークと繫がり、送金処理の簡素化・迅速化をより最短で行います。

現金だけでの決済ではなく、クレジットカードやデジタルでの決済にも対応し、様々な決済や送金にも最速で行う為に生まれたのが、『インターレジャープロトロコル(ILP)』です。

 

リップルのメリットとは?

 

①国際送金最速を実現

 

Rippleの最大のメリットで、国際送金に特化しているという特徴があります。

Bitcoinとの違いは、特定の法廷通貨に限らずに資金移動が簡単にできる事。

 

Rippleでの送金の場合、預金口座の資金が、独自のリップルレートに変換され、即座に受取先の通貨に両替されて送金されます。

実際の取引は、IOUと呼ばれる「証明書」が即座に発行されて、取引が完了してる形。

 

XRPと呼ばれるブリッジ通貨が、システム内の通貨として、橋渡しとして通貨を移動させます。

 

Bitcoinとは異なり、決済にかかる時間が圧倒的に早いのが特徴で、1取引あたり10分ほど要するビットコインに対して、平均4秒ほどで決済が完了します。

 

②Bitcoinとは異なるネットワーク

 

Rippleが採用している仕組みは、ビットコイン・ブロックチェーンのような、コンピューターの計算による取引の承認を行うのではなく、ある一部の承認者による投票で承認が行われるのです。

Bitcoinの仕組み上のデメリットであるのが、利用するユーザーと、取引量が増えれば増えるほど、ネットワークが重たくなってしまい、取引時間がかかるという点でした。

 

でもRippleが採用しているシステムでは、一部の承認者によってネットワークが管理されているので、より早い決済システムが成り立つのです。

これは、より中央集権的な発想に近いと思われがちですが、全世界の資産をこのネットワーク上で管理できる形が生まれれば、共有資産として様々な場所で管理できる非中央集権型として、市場に浸透していく可能性が高いと言われているのです。

 

今でこそ、取引の承認者は全てRipple社によって決められていますが、今後は、金融機関や様々な企業にも流通していく予定なので、他の通貨の流動性よりも、拡大しやすい形で市場に広がっていくことが予測できます。

 

③ 価格が安定しやすい

 

実はRippleは、Bitcoinをはじめとする仮想通貨と仕組み自体が大きく違う点の一つに、相場の波の影響を受けにくいという特徴があります。

それは開発された当初から、発行上限が1000億XRPと決まっており、その内の646億XRPをRipple社が所有することで、価値をコントロールできるという点にあります。

 

それが意味するのは、価値の暴落が起きないようロックアップ(凍結)されるということです。

 

リップル独自のエスクロー(取引の安全を保証)を活用することで、勝手な判断で市場へ放出し、XRPの価値が暴落することがないようにする。

要は、上限が最初から決められてることによる価値の安定と、ロックアップによって価格の下落はしにくいうえに、エスクローによって売却を減らしているということ。

 

これは、今後価値が暴落する可能性が少ないという意味で、むしろ更なる価格の上昇が見込めるということです。

 

リップル所有者にとっては、安全に取引できる点や、急な暴落への対処がされてる点は高評価に繋がるのではないでしょうか。

 

XRPによる送金システムが世界を変える

Rippleは元々、4つの構成で作られています。

  • 「RippleNet」
  • 「x Rapid」
  • 「xVia」
  • 「xCurrent」

プロダクトを、簡単に説明する前に、この下図を見てください。

RippleNetと繋がったユーザー(銀行・企業・顧客)が、XRPを通じて、RippleNet内で取引を完結させる形を表しています。

先程、リップルは中央集権型だと説明しましたが、この形を見る限りでは、非中央集権型寄りの仕組みですよね。

 

リップルの基本構造はあくまで分散型であり、様々なユーザー(銀行・企業・顧客)との繫がりを作ることで拡散していく仕組みなのです。

 

更に詳しく知るには、この4つのそれぞれが持つ特徴を知る必要があるので、以下説明します。

 

①「RippleNet」って何?

RippleNetとは、上記でも説明したILP(Inter Ledger Protocol)をベースとした、世界共通の決済ネットワークの名称です。

リップルを使った世界共通の送金システムを作り、ネットワークに参加することで、どこでも瞬時に取引をすることが可能となります。

 

そして、その取引を可能にする為に様々な企業や金融機関が参加し、その取引を瞬時に行えるサポートに入っているのです。

 

現在世界で数多くの有名企業、団体がこのRippleNetに参加していて、日本の企業では、「三菱UFJ」「SBI」の大手企業が参加しています。

これが後に市場への流動性のベースを作り、ブロックチェーンを活かした独自のネットワークを作り出すと言われているのです。

 

②xCurrentって何?

 

「xCurrent」とは、世界中の銀行や金融機関向けに構築されたシステム。

銀行が使用する為のリップルネットワークとも言えます。

 

Interledger Protocol(ILP)の技術を用いることで、金融機関の様々な台帳(口座と残高を持つデータベース)を接続することができ、そのデータを可視化できるようになります。

一部の業界では、ILPこそがグローバルなネットワークを構築できる唯一の方法であると確信しているそうです。

 

そしてもう既に、このシステムに世界中の金融機関が参加しており、日本からは「東京三菱UFJ銀行」「SBI銀行」が参加しています。

 

24時間低コストで決済や送金を行うことを目的としている、「xCurrent」を活かすことができれば、世界中の銀行がXRPを保有することで、次世代の全く違う取引方法へと変化していく可能性が高いと言えるでしょう。

 

③xRapidって何?

 

「xRapid」とは、新興市場(途上国)におけるニーズを満たされていない送金業者向けのプロダクト。

 

途上国では、銀行口座を持ってない人が多くいるという現状があり、外国に出稼ぎに行った労働者の人々が仕送りする場合にも、送金ができずに困っているという問題があります。

 

でも「xRapid」のシステムを導入することにより、銀行口座を持っていない人にもインターネット環境さえあれば、国際送金ができるという多くのニーズが見込めます。

更にXRPのシステムを活かすことで、低価格、最速での取引を実現することが可能になるのです。

 

これによりまだ発展してない市場への流動性を高めることができるということ。

 

その結果、より広い範囲の市場でのXRP実用化と、XRPの需要の上昇によって更なる価格の安定を意味します。

「xRapid」も、リップルネットワークを普及させるという意味合いで行っており、世界中での需要の拡散を目的に行っているのです。

 

xViaって何?

 

「xVia」は、RippleNet上で銀行や送金業者を通して、国際送金をしたい金融機関または事業社向けのプロダクトの名称です。

簡単に言えば、企業向けのXRPを活かした送金システムのことを言います。

 

こちらも、より早く、そして低コストな送金を可能にすることを目的とし、着金までのプロセスをリアルタイムに確認、請求書といったものも「xVia」を通して行うことが可能になります。

 

「xVia」の特徴は、企業向けの為、一般企業でのRippleNet利用者を増やし、「xVia」を通じて「xCurrent」の機能を利用するなどの、様々な利用方法を可能にすることが目的で行っています。

 

まとめ

 

  • xRapid…各国のXRP×法定通貨ペアをでの送金ルートを構築
  • xCurrent…全ての送金ルートを統合しRippleNetによるシステムを形成
  • xVia…一般企業向けのRippleNetを活かした送金システム。

 

Ripple社は、今後高い確率でXRPを活かした送金システムとして、一般的に流通していくことでしょう。

もうすでに多くの企業や金融機関との統合や今後の展開を発表しており、まだまだ大きな拡大の動きが予想されます。

 

銀行のような保守的な組織が、銀行そのものの仕組みを新しいものに変えようとする動きが見え始めた現在。

現実として、『Rippleネットワーク』を用いた国際送金の効率化を実現しようとしています。

 

インターレジャープロトロコル(ILP)を用いて、世界中での流通性を拡大させるという大きなミッションを掲げて、発展するRipple社の動向に今後も目を離せません。

今後数年の間に、現在のGoogle社のような超巨大企業にRipple社が成長しているかもしれないほど、今後が楽しみな企業でもありますよね。

 

※今後間違いなく伸びる「Ripple」を購入するなら国内No1のセキュリティ&取引手数料無料のbitbank

bitbank

 
 

取引高&取り扱い通貨世界一の【Binance/バイナンス】



2017年7月に設立したにも関わらず、仮想通貨取引量トップ5にまで上り詰めた実力派。国内取引所とは比べ物にならない程の種類の通貨に対応していて、世界中から集めた選りすぐりの有名コインを取り扱っています。2段階認証も採用し、世界トップレベルのセキュリティ完備によって安全面も保証されていながら、取引手数料は超低価格を実現。世界中にユーザーを持つ有名取引所の一つです。
メールアドレスだけで簡単会員登録できます♪
 

仮想通貨の銀行を目指す『バンクエラ』



近い将来様々なものの管理システムになると言われるブロックチェーン技術を用いた、次世代の銀行を目指している通貨。最先端の技術により低コストながらも、現在の銀行の業務をそのまま引き継ぎ、新しい銀行としてこれから革命を起こしていくと言われている期待の星。有名なNEM財団代表ロン・ウォン氏をアドバイザーに率いれ、長い目で見て大注目の通貨の一つです。
この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

ブログ制作に慣れていない初心者の方にも優しい構成で、抜群の機能性と美しいデザイン性を兼ね備えた、2018-2019年大注目のWordPressテーマ「THE THOR」

CTR IMG