皆さんは、bitbank(ビットバンク)を聞いたことがありますか?

 

国内大手の仮想通貨取引所であるビットバンクは、

リップルやイーサリアムなどの、

ビットコイン以外の主要仮想通貨(アルトコイン)の取引をするときに、

最もお得に購入できる取引所です。

 

今回は、ビットバンクの特徴や使うメリットについて、

そのおすすめの理由を解説したいと思います。

 

↓↓bitbankの登録はコチラからできます↓↓

 

『ビットバンク』ってどんな取引所?

 

国内取引所で有名どころと言えば、

「コインチェック」「ビットフライヤー」などが挙げられると思いますが、

それらに次ぐ大手取引所にビットバンクが位置し、

実はアルトコイン購入者にとっては最もお得で、優れている取引所になります。

 

シンプルでありながら見やすいディスプレイで、

最近何かと取引所を選ぶ際に重要視されてる、セキュリティ面に関しても定評があります。

 

個人的にも主な国内取引所として使用してるのは、bitbankだけです。

 

僕の場合は、「リップル」「イーサリアム」を購入する際に使用してるので、

海外取引所に送金する際などにもよく使用しています。

 

とにかく安全面と信頼性に関しては、最も優れている取引所かもしれませんね。

 

 

ビットバンクのメリットとは?

 

では、ビットバンクを利用するメリットについて説明していきましょう。

 

① 指値注文ができる

 

 

国内取引所の中で、最も取り扱いの通貨の種類が多いのは「コインチェック」ですが、

コインチェックでアルトコインを買う場合、

「コインチェックの販売所から購入する」仕組みになっていますよね。

 

その為、指値(希望購入価格)での購入ができないようになっています。

 

これは株やFXなどを経験してた人にとっても非常に重要な要素で、

常日頃から買いたいタイミングですぐ買える状況なら良いですが、

ほとんどの方は日中仕事してたりして、常に相場を見ることが難しいですよね。

 

その際に、指値(簡単に言えば、買いたい価格で買う為の予約)ができるのは、

大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

コインチェック・・・コインチェックが販売する通貨を、決められた価格で買う

ビットバンク・・・自分が買いたい金額を指定して買う

 

 

② リップル(XRP)を指値注文で買う際の手数料が激安

 

コインチェックを例に手数料を比較すると。。。

 

〜リップルを買うときの手数料〜

コインチェック・・・3%ほど(常時変動)

ビットバンク・・・0.25~0.7%の範囲

 

例えば、100万円分のXRPを購入した場合、

Coincheck(3%)・・・30000円

bitbank(0.25%)・・・2500円

 

差があり過ぎますよね。

 

金額が大きければ大きい程、この手数料で苦しめられます。

 

国内取引所の中でも取引手数料がお得な仕組みにしてあるのが、

ビットバンクの大きなメリットであり、特にリップル保有者にとっては、

最もお得に購入できるビットバンクは登録必須になるのです。

 

 

②イーサリアムをビットコインで購入できる

 

ビットバンクでは、イーサリアム&ライトコインをビットコインで購入することができます。

 

先程も説明した通り、コインチェックでは、

「コインチェックの販売所から購入する」仕組みになっているので手数料が高くなり、

イーサリアムを保有する方にとっても、

コインチェックよりはお得に購入することが可能なのです。

 

!!注意!!

ビットバンクでイーサリアムを購入する際、円などの法定通貨で購入することができません。なので、一度ビットコインを購入してから両替するか、他の取引所でイーサリアムを購入してから、ビットバンクに送金する形になります。

ビットバンクでのイーサリアムはビットコイン建てでの取引になるので注意してください。

 

 

③ チャートが見やすい

 

 

ビットバンクのチャートは、

かの有名な世界で最も使用されている『Trading View』を採用しています。

 

他の取引所のチャートと比べても、かなり見やすく作られてると思います。

 

トレーダーにとって見やすさはとても大事な要素であり、

よりシンプルな作りが多くの方に好まれる理由の一つになってるのではないでしょうか。

 

 

④ 安全性の高いセキュリティ

 

コインチェックのハッキング事件後、

ビットバンクからセキュリティについての公表がありました。

 

見てみると、セキュリティにずいぶん力を入れているだけでなく、

透明性もきちんと確保されている事が高評価を獲得し、一気に参加者が増加したみたいですね。

 

これから始める人にとって取引所を選ぶ際に、

セキュリティ面が最も重要なポイントになってくるでしょう。

 

セキュリティに力を入れるような取引所には、

今後更にユーザーが増えること間違いなしですね。

 

 

ビットバンクのデメリットとは?

 

① 取り扱い仮想通貨が少ない

 

現時点でビットバンクが取り扱う仮想通貨は以下のものになります。

 

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • xrp(リップル)
  • mona(モナコイン)
  • litecoin(ライトコイン)
  • Bitcoincash(ビットコインキャッシュ)

 

その他の通貨を購入したい場合は、コインチェックで購入するか、

海外の取引所を使用する必要があります。

 

取引ペアが限られてるのは、分かりやすくて良い面もありますが、

より色々試してみたい人にとってはデメリットでもありますよね。

 

 

② スマホのアプリがまだ開発されていない

 

ビットバンクは、公式のスマホアプリにまだ対応していません。

 

噂によると偽物が出回ってるという話もあるので、注意しましょう。

 

ネットからアクセスすればスマホでも全く問題なく使えますが、

アプリユーザーにはやや問題アリかもしれません。

 

ただこの辺もそのうち開発されて、

より使いやすく進化していくとは思いますが、今後に期待しましょう。

 

 

まとめ

 

    • リップルの指値取引&手数料最安
    • 見やすくて使いやすい
    • 落ちないサーバー
    • ハイクオリティのセキュリティ完備
    • 取り扱い通貨が限られる
    • スマホ用アプリが未開発

 

ビットバンクは国内で唯一、アルトコインの指値取引ができ、

リップルやイーサリアムを希望の価格で、

更には、少ない手数料で購入することができる取引所となります。

 

そして、リップルを購入するつもり方であれば尚更、

アカウント開設しておくことは必須で、リップラーにとっては重要な存在です。

 

実際にビットバンクに対しての評判はとても良く、

リップルが国内取引所の中で一番安く買えるというのが大きなメリットになってるようです。

 

現在はまだ知名度が少ない取引所ですが、

個人的にはかなりおすすめの国内仮想通貨取引所として僕自身も信頼しています。

 

特に「リップル」や「ライトコイン」の購入に使うのがおすすめなので、

他の取引所とうまく併用して使うのが一番良い取引方法かもしれませんね。

 

ぜひ取引所を選ぶ際の参考にされてみてください。

 

ビットバンク登録はコチラからできます

↓↓↓

 

※今後間違いなく伸びる「Ripple」を購入するなら国内No1のセキュリティ&取引手数料無料のbitbank

bitbank

 
 

取引高&取り扱い通貨世界一の【Binance/バイナンス】



2017年7月に設立したにも関わらず、仮想通貨取引量トップ5にまで上り詰めた実力派。国内取引所とは比べ物にならない程の種類の通貨に対応していて、世界中から集めた選りすぐりの有名コインを取り扱っています。2段階認証も採用し、世界トップレベルのセキュリティ完備によって安全面も保証されていながら、取引手数料は超低価格を実現。世界中にユーザーを持つ有名取引所の一つです。
メールアドレスだけで簡単会員登録できます♪
 

仮想通貨の銀行を目指す『バンクエラ』



近い将来様々なものの管理システムになると言われるブロックチェーン技術を用いた、次世代の銀行を目指している通貨。最先端の技術により低コストながらも、現在の銀行の業務をそのまま引き継ぎ、新しい銀行としてこれから革命を起こしていくと言われている期待の星。有名なNEM財団代表ロン・ウォン氏をアドバイザーに率いれ、長い目で見て大注目の通貨の一つです。
この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

当ブログ愛用WordPressテーマ「THE THOR」

ブログ制作に慣れていない初心者の方にも優しい構成で、抜群の機能性と美しいデザイン性を兼ね備えた、2018-2019年大注目のWordPressテーマ「THE THOR」

CTR IMG